10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-02-16 (Sat)
おととい”独島男”と呼ばれている韓国サッカーの朴鍾佑に銅メダルが授与されました。

産経新聞:「ハッピーエンド」韓国世論反省なし
中央日報:“独島パフォーマンス”朴種佑、「日本選手を慰労した真心」が銅メダル獲得に

五輪の場で政治的な行為をしたわけなので、本来であれば、本人だけでなく韓国自体のメダルも剥奪、数年間は韓国チームの対外試合も禁止される程の重い制裁が下るレベル。しかし韓国は国際弁護士を雇い、せっせとFIFAやIOCに足を運んでメダル授与に漕ぎ着けました。保留されていたメダルをもらえたことで、韓国は刹那的にハッピーかもしれませんが、悪い事をした子供に何が悪くてどうしたらいいのかを教えるはずの大人が、叱るどころか援護してしまったという、、、長い目で見ると不幸な結果に思えます。



昨夜、乙武さんのツイートにある韓国の方のブログを読みました。冷静な判断力を持ち、問題の本質をちゃんと見極めている聡明な方は勿論韓国にもいます・・・が、如何せん数が少ない、、、周りの圧力が凄過ぎて正論は言えない。歴史問題も同様に、史実に基づいた真実を指摘しようものなら瞬く間に弾圧されてしまいます。このブログの方も韓国人の”95%”は自分と違う考えだと言ってるそうですし、「愛国無罪」層の力はとにかく絶大!!対馬の盗まれた仏像も返却してもらえないみたいだしね、、、(^_^;)

朴鍾佑の銅メダル授与について

残念だ。

朴鍾佑の行動はオリンピック憲章を無視したスポーツナショナリズムの蛮行そのものだった。しかし、国内メディアは彼を 「独立闘士」 に例え、賞賛し、国民も独島正義論を掲げ、彼を庇護するばかりだった。より深刻なのは、選手本人もマスコミを通じ、自分の行動に後悔はないと公言しながら、世論を扇動したという点だ。ところが後悔さえしないという彼は稚拙にも 「偶発的」 という理由を掲げて銅メダルをあれほど望んでいたのはなぜだろうか?

私は彼の銅メダル剥奪が大韓民国のナショナリズムに警鐘を鳴らすものと見た。

経済危機のたびに財閥企業の民族主義広告に振り回されると一肌脱いで、企業の安重根、独島を利用した愛国商売にいかにも簡単に乗ってしまう無知な国民を悟らせる一つの重要な事件になるはずだった。当時サッカー協会の対応に関しては、私も不満があるが、それは別の事案であり、問題の本質は、選手の行動にあるというキム·ジュソンの言葉は断固として正しいことだと言える。でも、今日条件付きで銅メダル授与を許可したIOCに未練と共に希望も見えた。それは大韓体育会に指示した 「オリンピック憲章入門トレーニング」 プログラムの作成である。

これまで韓国選手たちの過度な盲目の愛国心で、競技場で犯した様々な非マナー行為を数多く見てきた私もスポーツマンシップ教育の必要性を切実に感じていたところだった。IOCの指示は非常に望ましいことであり、今後、韓国選手が国際舞台でのマナーや格式を備えた選手としての姿を見せてくれるのを期待できる。
しかし、最も望ましい結果はメダル剥奪だったと思う。

なぜなら、まだほとんどの国民は問題の本質が 「スポーツと政治の分立」 ではなく 「独島領有権」 にあると勘違いしているからだ。銅メダル受賞の便りにネットの人たちはただ 「当然だ」 、 「よかった」 という言葉を発するだけであり、また朴容晟体育会長は 「韓国スポーツ外交の成果」 と自画自賛している。そして朴鍾佑も帰国インタビューで微笑を浮かべたまま、ただ喜びと安堵する姿を見せた。彼はまた反省の一言も言わずに、むしろ 「大津選手を慰めてあげた」 と自分を徹底的に擁護する姿勢を貫いていた。これには僕もさすがに飽きてしまい、堕落した人間の標本としか考えられない。国内の有名な反日書籍 「日本はない」 で人気を一身に受けて国会議員まで上がったチョンニョオクが頭に浮かんだ。ナショナリズムを刺激すると、誰でも英雄になれる異常な社会でスポーツ界のチョンニョオクが誕生したのだ。

今日、スポタルコリアの悪意のある反日扇動記事を読んだところ、皮肉なことに、その記事から引用した産経新聞の内容は、私たちに痛切な反省を促す鋭い指摘に違いない。「そもそも、韓国協会が五輪直後に、自ら処分を下すべきだった。しかし、処分どころか、フル代表に選出。一方でFIFAやIOCに寛大な処分を求めるよう働きかけた。世界的に不適切な言動については厳しい処分を下している。その流れに逆行していると言わざるを得ない。」

一方では、このようなアドバイスと鞭打つしなければならない国内メディアの記事は見られず、外国メディアを通さなければならない現状がとても惨憺で胸が痛い。

結論を言うと、私たちは 「勝利」 したことではない。 IOCの厳重警告は、大きな 「過ち」 を犯したという傍証だ。その上に、徹底した反省がなければ過ちを繰り返すだけだ。昔から先進国とは、良識ある国民、良心ある市民によって成り立ってるのであるからだ。



北川信行:韓国メチャクチャ釈明、受け入れるIOC 竹島プラカード問題〝大甘決着〟に思わず「はぁ?」


関連記事
スポンサーサイト
* Category : 日日是好日
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。