08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-11-20 (Tue)
KindleストアをiPhoneから利用しよう!を見ながら最初の一冊を買ってみました!

ウェブで政治を動かす!ウェブで政治を動かす!
(2012/11/13)
津田 大介

商品詳細を見る

津田大介さんの本です。

内容紹介:
政治は、もはや遠い世界の出来事ではない。きみがウェブを駆使して社会を動かせる時代が、もうそこまで来ている。もし、この本が夢見る未来が実現したとしたら、世代間格差も、地域間格差も消え、国民の声がまんべんなく政治に反映される世界が到来するだろう。そのとき、真の民主主義の実現に一歩近づけたといえる。「民主主義」とかいうと何だか大げさに聞こえるけれど、そのとき、少なくともきみは政局ショーの観客の一人ではなく、実際にこの国を動かす一人になっているかもしれない。

本書では動員の革命、政治家のSNS利用、ネット選挙、オープンガバメントなど、近年のめざましい動きを追い、「どうせ何も変わらない」「政治家たちのゴタゴタにはウンザリ」という閉塞感を抱えた現代人へ向け、ネット界の寵児が社会への新しいアプローチを説く。


東日本大震災の時にもツイッターを使い、現地の様子をレポートしてくれていたあの津田さん。まだ読んでる最中なので感想は書けませんが、冒頭で読んだこの一文が心に残りました。

政治や政策に無関心でいては、自分の好きな物がいつか誰かの勝手な都合で変容させられてしまう。


特に日本人は、普段あまり政治や選挙の話をしない不参加型なので、知らない間に自分たちに不都合なものを押し付けられがちではないかな・・・と思います。例えば、先日はアメリカで大統領選がありましたが、選挙の前後はフェイスブックを見ると、アメリカの友人たちのウォールではお互いの意見をぶつけ合う、かなり真剣なコミュニケーションが見られました。ストレートに自分の考えを言ったり、またユーモアを交えて自分の意見を主張したり。アメリカ人のああいうとこ大好きです。来月は日本も総選挙になるわけですが、今のところ特に政治の話は見受けられず、ウォールに見えるは日々の出来事中心。会社でも、選挙の話題は聞こえないし。私の周りは(実家以外)えらく静か、、、大丈夫かな。でも候補者たちのTwitterや、Facebookアカウントはものすごく賑わってて、盛り上がってます。これぞ、「ウェブで動かす政治」!ソーシャルメディアは、国民と政治家が直接繋がれる強力なツールになってますね。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
* Category : テクノロジー
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。