10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-10-06 (Sat)
インターネットで書籍スキャンの代行業者をいろいろと吟味し、先日初めて試してみました。初回は20冊!本棚から取り出した本を段ボール箱に詰めて、クロネコヤマトに集荷に来てもらい、後は待つだけ。

そして先日、ついに作業完了のお知らせが届いたのです!ワクワクしながらその仕上がり具合を確認してみたところ、ページ飛びも、斜めになったページも無いようで大満足!!自分のパソコンにダウンロードした後は、電子書籍というフォルダを作成し、そのフォルダをシュガーシンクで同期させれば、いつでも何処でもiPhoneやiPadで読めてしまいます。シュガーシンクからiBookで開くことも可能。すごく便利になってめちゃ嬉しい!この調子で大事な本を少しずつ電子化して行けば、家にある本棚スペースが丸々空くんですー!

目指せ、スッキリ・ハウジング!!!
 d(^_^o)

bookscan_how.jpg

【スキャン代行業者について】

申し込みから作業完了までのプロセスはどこの業者も大体同じですが、今日は一番わかりやすく載せているブックスキャンさんでの流れを参考に引用させていただきました。ただ、ブックスキャンさんは表紙のスキャンを受けていない為、今回発注には至らず。私にとって表紙はやっぱり大事。オプションで追加料金になっても欲しいものなのです。後、今回の業者選定で私が重要項目としてチェックしたのは、①表紙のスキャンオプションの有無、②全ページ目視確認の有無、③OCR処理の有無、④スキャン完了後のダウンロードに期限が無いこと、などでした。いくつか試して一番いいとこ見つけたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト
* Category : テクノロジー
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。