06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2008-03-26 (Wed)
「女性の品格」の著者、坂東眞理子さんが書いた「親の品格」を買って読んでみました。
子供の頃から「女だから・・・」と言われることに抵抗があった私ですから、お恥ずかしながら「女性の品格」は手にもしていませんし、たぶんしないでしょう(笑)。自分でも不思議ですが、昔から「女」だと意識したくない人なので、「もっと素敵な女性になりたい。」とか、「女磨き」に精を出している方々を見ると羨望の眼差しを送ってしまう位です。最近はニューハーフの皆さんも女らしいし、IKKOさんは足きれいだし。(笑)まあ、「女性」はさておき、私にとって「親」という存在はやはり考えるところが多々ある為、各章をじっくり読んでみました。

印象に残ったのは、『子どもは親に立派であってほしいのです。それが重荷で、あるがままの親を受け入れてほしいと望む親も多いのですが、それは甘すぎます。親ならば、自分の悪いところを子どもの前で出さないように気をつけましょう。』・・・の一文。

甘すぎます、甘すぎます、、、

・・・の文字がビンビン来てますっ。(笑)

いや~、襟を正して臨まねば。先日ダルビッシュがコメントしてたの聞いたんですけど、彼は若いのにしっかりしてるな~!親がちゃんとしてれば子供もちゃんとした子になるから親がしっかりしようと話し合ってます。・・・みたいな事を言ってました。あっぱれ。
我が家も大人2名、若様の良い手本となるように頑張ろう~☆

親の品格 (PHP新書 495)親の品格 (PHP新書 495)
(2007/12/15)
坂東 眞理子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。