07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-08-11 (Sun)
最近ハマっている宮脇淳子さんの新刊が出ました!

私もこれまでに、『チャングム』『イ・サン』『ファン・ジニ』『太王四神記』辺りを見てますが、例えば『チャングム』は、李朝実録という史実に書かれた一文、「余の体のことは全て医女が知っている。」から54話分のストーリーに膨らませて作った作品。そこを知っている人は、最初からフィクションとして見れると思いますが、知らない人は本当にあったことだと思いこんじゃいますよね。・・・ということで、この本おすすめ。

宮脇さんは本当に頭が良くて、「嘘が大嫌い」と豪語するだけあって、とにかくハッキリしてて嫌味がない!私の中でものすごい「旬の人」だわ~。


韓流時代劇と朝鮮史の真実  朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏韓流時代劇と朝鮮史の真実 朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏
(2013/08/08)
宮脇 淳子

商品詳細を見る


後書きの「日本人がウソの歴史に騙されないために」からいくつか抜粋。

日本で責任ある地位にいる人たちが、自国民に不利益を与えることがわかっていて、あちらの言う通りに嘘を通してやり、あるいは、何にでも金を出して黙らせようとするのも、結局は相手を対等とみなしていない、差別意識の裏返しではないかと思います。それも自分の金ではなく日本国民の税金です


ところで、韓国や北朝鮮、あるいは中国が今日のような国になってしまったのは、アメリカの先見性の無さではないかと私は思っています。せっかく日本が満州と朝鮮をなんとか近代化の流れに乗せようとしていたのに、アメリカが中国の商業権益が欲しくて無理やり割って入ってきたせいで、元の木阿弥になってしまったのです。アメリカの横槍の結果、中国は結局共産化し、北朝鮮にも手を焼く羽目になっています。アメリカがもう少し賢くて、条約を守るし残虐なこともしない日本をパートナーとして大事にしていれば、今日の東アジア情勢は違うものになったでしょ。


本来ならアメリカは反省してくれなければならないのに、戦争責任も未だに日本だけに負わせています。中国や韓国が嘘ついている歴史問題でも、日本が悪くなかったことにすると、原爆まで落とした自分たちの戦争責任が明らかになるので、それを恐れて中国や韓国の肩を持ちます。


ところが、相変わらず日本人の中には、日本国民に真実をわからせないためのマインドコントロールをしている外国の手先のような人たちが大勢います。戦後の自虐史観の中で築かれた自分たちの地位を守りたい人たちが、韓国や中国あるいはアメリカに迎合して、誤った歴史観を教え続けようとしている。やはり日本人1人1人が、その事実に気が付き、史実を理解することが全ての出発点ではないでしょうか。



5分ほど宮脇節をお聞き下さい。正論!



それにしても李明博の竹島上陸、天皇陛下侮辱発言から「潮目」が完全に変わった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。