08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-06-16 (Sun)
茫然自失!∑(゚∀゚lll)ズガーン

W杯の最終予選を終え、待ちに待ったコンフェデ杯がブラジルで開催!ずっと楽しみにしていたブラジルとの開幕戦でしたが、思いっきり実力の差を見せつけられてしまいました。ブラジルのセレソンを困らせるプレイが出来るのではないかと期待しながら見始めたのですが、開始3分ネイマールにやられたところから全てが狂ってしまった感があります。日本代表も先制を食らって、完全に飲まれてしまいましたね、本当に残念。。。



スポニチ(金子達仁):ザッケローニ体制に限界が近づいてきた

ブラジルが慎重だったとしたら、日本は臆病だった。本田一人が必死になってFKをもらい、シュートを放って「俺たちにも、日本人にもできるんだ」と笛を吹いたが、こちらの仲間たちもなかなか躍ろうとはしない。黄色いユニホームが近づいてくればバックパス、というイライラするような悪循環が、前半の半ば過ぎまで続いた。それでも、孤軍奮闘する本田の姿勢は、少しずつではあれ日本の選手たちを変えていった。後半の入り方さえ間違えなければ、試合の展開はまた違ったものになっていただろう。



スポーツナビ(ザック):「日本らしくない戦い方だった」ブラジル戦後会見

今日は日本らしくない戦い方をしてしまった。理由は2つ考えられる。まず、試合開始直後に、ああいった形でゴールを決められてしまったことで(試合の)入りのところでつまずいてしまった。2つ目はカタールからのロングフライトと、この試合までの日数が短かったことで、そういった現象が起きてしまったと考える。普段の我々では考えられないようなミスがこの試合で起こってしまった。



neymar.jpg


日本の「らしさ」を全く出すことが出来ないまま、試合が終わってしまったブラジル戦。でも前を向き、勇気を持ってチャレンジする事こそが大切。そうすれば結果はどうであれ、新しい何かが見えて来るはず。頑張れ、ニッポン!次はイタリア戦。「ザッケローニ監督を男にしたい。」という長友の言葉を是非とも実現して欲しい!

スポーツナビ(宇都宮徹壱):日本代表の「勇気」が試されるとき

 思えばブラジル戦は、「バランス」を重視するあまり、結果として「勇気」がないがしろにされてしまった感が強い。明日のイタリア戦は、確かに結果が求められる試合ではある。しかし私は、それ以上に、日本代表の「勇気」を見てみたい。なぜなら、「勇気とバランス」が実現して初めて、このチームが最大限に発揮されると信じるからである。ザッケローニ監督率いる日本代表の底力が、このイタリア戦で見られることを信じたい。


関連記事
スポンサーサイト
* Category : サッカー
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。