04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-06-18 (Tue)
大盛り上がりのW杯予選最終日でした!

お殿様と私は、テレビでイラン対韓国戦を見ながら、裏のウズベキスタン対カタールの行方もチェック!どちらの試合も0-0で動きが無い時間帯が続きましたが、テレビ画面がピコーンという音と共に裏の経過をお知らせ。「なに?なに?どうした?」と目をやると、予想外にもカタールに先制点、、、

ツイッターの方はどうかなと、そちらもチェックしてみると、思った通り、イランとウズベクに対して日本から”大応援団”が発生していました。毎度毎度、国際試合でスポーツマンシップの無さを発揮してくれる韓国にほとほと嫌気がさした日本国民とサッカー・ファミリーの皆さんが、揃いも揃って皆でイランとウズベクに声援を送り続け、ツイッターのトレンドには、「イラン」と「ウズベク」の2つがランクイン!イランが先制点を取り、ウズベクが5点を取るなど追い上げを見せると、やんややんやの大賑わいでした。

asia_standings.jpg

そして、試合後は早々にチャンネルを変えたので、生で見逃してしまいましたが、韓国がまたやっちゃいましたね。勝っても、負けても、爽やかに終えることが出来ない、よくも毎回これほど後味悪く出来るよなあ、、、と首を傾げたくなります。

この一連の出来事は、チェ・ガンヒ監督が最初にイランを言葉で挑発。「アウェーでひどい待遇を受けた。」「ウズベキスタン、イランと競争しているが、イランがもっと憎い。ウズベキスタンと一緒に本大会に出場したい。」と言い、挙句の果てには韓国選手までがイランの主将に対して「血の涙を流させる。」と宣言。

私は、この「血の涙」という北朝鮮節を聞いて「やっぱり同じ民族なんだなぁ。」と変に感心(?)しちゃいましたが、あれだけ相手を侮辱し煽っていた癖に、結局試合に負けてしまった韓国。試合後にイランの選手が大喜びでウィニングランしていたところに韓国スタッフ2名がラリアートを食らわしたという、、、ま、ちょっとイランのキーパーが韓国サイドに深く入り過ぎたってのはあると思うけど。(笑)

話の締めは、暴行を加えた韓国が「イランが挑発してきた!」とFIFAに提訴するとか。暴行した側が?一体どうなってるんだ?と普通の人は混乱するでしょうが、「実は加害者、でも先に被害者のふりをして相手に責任転嫁する」というお得意の戦法ですね。今回いやがらせを受けたイランに同情しますが、日本なんて戦後ずっとこれをやられてますからね。本当に疲れる相手だ、、、(^_^;)

ロケットニュース:【衝撃サッカー動画】韓国陣営がイラン選手に暴行か?

試合前から韓国チーム側がイランに対して「血の涙を流させてやる」などと挑発的な発言をするなどピリピリしたムードだったが、それは試合後にまで続いていたようだ。なんと、韓国チームのスタッフが勝利に沸くイランチームの選手に暴行を加えたというのである。


中央日報:イランの非マナーに韓国協会「FIFAに報告」

大韓サッカー協会の関係者は18日、韓国-イランのワールドカップ(W杯)アジア最終予選最終戦が終わった後、「試合の監督官が(イランが挑発する)状況を目撃した。これを記録し、国際サッカー連盟(FIFA)に報告書を出す」と伝えた。

関連記事
スポンサーサイト
* Category : サッカー
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。