06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-07-29 (Mon)
サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする。

今回、東アジアカップの優勝に大きく貢献した柿谷選手を見ると、この言葉が胸にグッと来ます。小さい頃から香川より上手く、「天才」だと言われ続けていたサッカー少年。ところが予想外にプロで大きな挫折を味わい、腐って練習にも遅刻、次第に問題児と呼ばれるように。堕ちて行くその姿にJ2徳島から声がかかり移籍。どん底から這い上がったその過程を、クールジャパンフットボールが特集してたのを、ちょうどアジアカップ前に見ていたので、その辺ですごく気持ちが入ってしまいました。

サッカーキング:“早熟の天才”の成長物語
http://www.soccer-king.jp/sk_column/article/125689.html
なぜ柿谷はC大阪で“復活”できたのか。「自分を大きくして帰ってくる」と言い残して旅立った悩める天才。闇の中から自らを這い上がらせたのは精神的成長だった。


この特集を見ると、柿谷選手が発するコメントのひとつひとつが実にしっかりしていて、とてもとても、周りに迷惑をかけ、監督とぶつかってばかりいた選手と同一人物とは思えません。自分を冷静に、客観的に見れるようになること、謙虚さや、気付きが人にとってどれほどの成長を生むのか、堕ちても這い上がれる心の強さ、あきらめない気持ち、これはもう”感動の域”です。ワールドカップまであと1年。思う存分頑張って欲しい。

そして、若様がもう少し大きくなったら見せようと、録画したこの特集は永久保存版にしておきます!



さて、韓国は一体いつ大人になるのかな~?

産経新聞:日本非難の巨大横断幕「歴史忘れた民族」 FIFA規定違反の疑い
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130728/scr13072821330010-n1.htm
ソウルで28日に行われたサッカー東アジア・カップ男子の日韓戦で、韓国側応援団が観客席に「歴史を忘れた民族に未来はない」とハングルで大書された横断幕を掲げた。また、試合開始直前には、初代韓国統監を務めた伊藤博文元首相を暗殺した、朝鮮半島出身の安重根(アン・ジュングン)の巨大な幕を観客席に広げた。一連の行為は、応援時の政治的な主張を禁じた国際サッカー連盟(FIFA)の規定に抵触する可能性がある。



eastasia2013.jpg


こんな順位表、初めて見たよ。何がなんでも日本が上なの嫌なんだね、、、タハハ。(^_^;)

【追加の読み物】
産経新聞:「発端は旭日旗だ」 韓国協会が東アジア連盟に釈明
ロケットニュース:韓国議員が日本サッカー協会を痛烈批判 「両国の競技で日の丸がひるがえること自体あり得ない」と主張
スポンサーサイト
* Category : サッカー
* Comment : (2) |

* by 自然豊かな暮らし
はじめまして。
いつもブログを(仕事中に…笑)、拝見しております。なので、こっそりコメントを付けさせて頂きます。
この順位表…、笑ってしまいますね。どうしても上に書きたいんだろうけど、こういう子供っているな~と思いつつ、苦笑してしまいます。。サッカーで紳士にならないのなら、どこでなるのやら…。

自然豊かな暮らしさん * by ちゃみー
こちらこそ、初めまして!ご訪問&コメントありがとうございます。この電光掲示板は本当に可笑しいですよね。足をジタバタさせながら「絶対に嫌だ!」と泣きわめく子供の姿が目に浮かんでしまうような、、、(^_^;)

個別記事の管理2013-07-23 (Tue)
待ちに待ったマリノス対マンU戦に行って来ました!
(o*´∇`)oワクワク


お殿様は仕事だったので後で合流。若様と二人で席取りから頑張りました!!!

開門の30分前に到着。赤いユニフォームを着たサポーターがずらりと出店に並び、マンUのグッズを買っている!そんな余裕の姿を横目にしながら、青いユニフォームを着た私達は自由席のチケットを手に持ち、長蛇の列の最後尾を探して延々と歩く。一番後ろは何処~?と言いながら、ふと若様と二人で気付いて愕然!そうだ、この右側に並んでいる人たちは左側の列が折り返して出来てる、、、てっきり反対のマンU側ゲートに入ろうと並んで待ってるのかと思ったよ。



がっくりしながら再度、最後尾を目指してまた歩く。スロープを下り、その下のプール入口までずっと下りて行きました。やっと最後の人を見つけて並べたかと思いきや、いきなりのゲリラ豪雨!!都内では東横線が止まる程の影響が出たようですが、日産スタジアムも集中的にやられました。雷鳴がとどろき、豪雨の連続!若様と私はラッキーにもスロープの下にいたので雨に濡れることはありませんでしたが、上からは悲鳴も聞こえて、まさに「天国と地獄」。列の前の方で待ってる人を羨んでいた私でしたが、「禍福は糾える縄の如し」。一瞬先は本当にどうなるかわからないものです。ふう。あそこまで雨をかぶったら、もう試合を見る気すら失っていたかも。 (ノ´Д`)

さて、その試合ですが・・・

20130723_marinos.jpg

20130723_marinos-2.jpg


見事、マリノスがマンチェスター・ユナイテッドに勝利!!
殿若も大喜びでトリパラ(チームカラーの傘)とタオルマフラー回してましたよ!

tripara.jpg


香川真司ファンが本当にたくさん来場していたわけなので、もっと長くピッチでのプレイが見れたら良かったのですが、前日合流したばかりということでか、モイーズ監督はラスト15分の起用のみ。”真司 対 俊輔”の対戦を心待ちにしていたサポもいたはず。しかし俊輔は熱があったようで前半でお役御免、ベンチに下がってしまいました。うーん、残念!

20130723-marinos-3.jpg


歓喜に沸いた試合でしたが、他にいろいろと笑える事もありました。

まず、報道カメラマンはいつも”決定的瞬間”が狙える位置に陣取りするんですけど、この試合、ほぼ全員がマンUのチャンス狙いで移動。殿様が、「俺らがゴール割られると思ってんのかよ。」と、ブツクサ文句を言ってました。www



おまけにサッカーをよく知らず、香川真司のファンでマンUのユニフォームを着た方々が、何故かマリノス側の席に座っているという、、、ゴール裏というのは、ホームチームとアウェイチームの聖域なんだけど、指定席のチケットが取れなかったのか、高くて自由席に流れたのか。これ、海外だったら乱闘&排斥ものです。日本人サポは優しいのでみんな許容してましたが、マンUがゴール決めた瞬間に、うちらのシマで両手を上げて喜んでる姿には、プチッと切れた人いたと思います。心当たりのある方は、次回ちょっと気を付けましょう。(^_^;)

勝利でハッピー!そして、見応えのある楽しいゲームでした!!!

* Category : サッカー
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-06-23 (Sun)
勝ち点ゼロでした。ガックリ、、、

今朝4時に眠い目をこすりながら応援した日本対メキシコ戦。岡崎をワントップに、乾、香川、清武を並べてみたらどうか、そのオプションも熟成させたら来年きっと使える・・・と期待していたのに最後まで叶いませんでした。おまけに、酷使してしまった長友が負傷、、、ふくらはぎみたいだけど大丈夫だろうか。本田もコンディション悪くて、動きも悪いし、ボールも収まらない。ザッケローニ監督の”選手起用”や”交代を含めた采配”にサポーターから「異論・反論・オブジェクション!」が巻き起こりそうな感じ。アジア杯の時は、スパンスパンとカードを切って、チーム全体を使い切っていたのに、ワールドカップ予選を戦いながら何処かで守りに入ってしまったのだろうか、迷走しているように思えて心配です。試合後の会見でも以前はあまり弁解じみたコメントはしていなかったのになあ、、、

Flag-Pins-Japan-Mexico.jpg

チチャリートとドス・サントスにやられました。勇蔵もコメントしていますが、ブラジルも、イタリアも、メキシコも、仕留め方を知っているんですよね。日本人は、与えられた事や練習を一生懸命することは出来るのに、流れるように変化する状況から「ここだ!」というタイミングを察知する嗅覚というか、本能的な部分が弱いのかな。

栗原勇蔵(横浜F・マリノス):「先に点数を取れていれば」

(2ゴールのハビエル・エルナンデスについて)2点目になったCKからの得点も反応が1人だけ速かったし、やっぱり世界であのサイズで戦っている選手はレベルが高いなと思いました。(中略)

(強豪チームは)やっぱり余力を残してるから、ここぞというところで力を使えるというか、仕留め方を知っている。日本はいっぱいいっぱいというか全力でみんなプレーするから、相手がミスしても、ここぞという時にパワーを発揮しづらいのかもしれない。外国人選手は普段サボったりしているし、そういう時に力を発揮できるのかなと思ったりもしています。



chichados.jpg


今回コンフェデ杯で経験した3試合から得たものを本番に生かすべく、選手はここからまた戦いですね。監督は、チーム内とリーグ内で代表への競争が激化するような選手選考をして欲しいです。やっぱり固定しすぎちゃうと、停滞するのは当然だと思う。新陳代謝を活性化させないと!頑張れ、ニッポン!

【本日の読み物】
スポーツナビ 試合後選手コメント 本田:「自信の差がそのまま格になる」
スポーツナビ ザック監督:「十分に準備ができなかった」

* Category : サッカー
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-06-20 (Thu)
イタリアに勝てる可能性がありました!!!

あっただけに悔しい思いでいっぱいですね。真司が体を反転させての見事なボレーシュート!2-0になったその状態を何とかキープして後半に入りたかった。でも、熟練者ピルロに一瞬の隙を狙われてしまいました。キャプテン長谷部もコメントしてましたが、イタリア選手にしっかり付き切れなかった。ピルロのコーナーは日本チームの守備体制が整う前に蹴ってましたもんね。嗅覚が鋭いんだろうなと思います。そしてゴールへの執着心も強い!スナイパーだよ、スナイパー!

andreapirlo.jpg


そして注意しなければいけない「後半立ち上がり」の失点!(-_-;)

吉田麻也:「チームに迷惑をかけてしまい申し訳ない」/イタリア戦

試合後、吉田麻也は以下のように試合を振り返っている。

「ブラジル戦に続いて後ろでミスが出てしまって、チームに迷惑をかけてしまったのが申し訳ないと思います」

―後半開始早々が1つポイントだったが、その時間帯の意識は?
「ブラジル戦でもそこで失点していますし、チームとしてあそこの時間がすごい重要だっていうのは分かっていました。次の1点がすごく大事っていうのは全員が理解していたんで、そういう意味でも僕のミスがいただけなかったですし、あそこがカギになったかなと思います」

―エマヌエレ・ジャッケリーニにかわされたプレーは?
「クリアするか体を入れるか迷ってという2つの選択肢があって、クリアしてもよかったんですけど、周りから声がかかったんで体入れようと思ったら入れ替わってしまったっていうことです。


マヤ、マヤ、マヤ。最近、大事な場面の瞬間的な判断で迷いが多すぎる。自陣近くは頼むからセーフティに行かないと、、、それをくどい位に自分の意識に刷り込むことが必要だと思うよ。コメント読むと、意識の中で周りの声を判断材料に入れようとしてる。このレベルでそれじゃダメだよ。麻也だからこそ出来る。もっともっと自分の判断力を磨いて、その自分の声に反応して欲しい。そう思ったイタリア戦でした。日本の守備陣、ここから頑張れ!

スポーツナビ(宇都宮徹壱):日本の勇気が勝ち取った収穫と課題 イタリア戦敗北は分岐点となるのか

試合については周知のとおり、3−4で日本は敗れた。とはいえ、同じ敗戦でも先のブラジル戦と比べれば収穫も課題も明確となったという意味では、非常に意義のある敗戦であったと言えよう。そもそも前半40分まで、日本がイタリア相手に2点もリードするという展開など、いったい誰が予想できただろうか。しかし一方で、回避できた失点シーンもあったことを思えば、試合のスリリングな展開を楽しめたと同時に、実に悔やまれる内容であったとも言える。



20130620_samuraiblue.jpg


ZACCHERONI REACTION

"The game was a real rollercoaster of emotions – it had a bit of everything! We had several chances to win it. Both teams played with great courage and skill. My players really gave their all and deserved a lot more than what they got. They did what was asked of them, especially given that they were playing against the runners-up from EURO 2012 and one of the favourites for this tournament. We’re heading back home disappointed, but with our heads held high."


Zac_reaction.jpg


そして辛口のセルジオさん。今回も流石、、、

サッカーキング(セルジオ越後):「本気で世界のトップを目指すなら、惜しいとか言ってる場合じゃない」

「イタリア代表は中2日ということもあり、かなりコンディションが悪かった。というより、日本をなめていたのか、調整に失敗したという感じだったね。その相手に対し、4失点を喫して負けた。惜しい、惜しいとメディアは騒いでいるが、結果的にイタリアは内容が悪くても勝って、日本は1試合を残してグループリーグ敗退が決まった。この差をどう受け止めるかだ。

「勝てるチャンスはもちろんあった。それを生かしきれなかったのは、個人の問題、チームの問題、監督の問題、いろいろある。とりわけ監督の采配はやはりよく分からなかった。前半を1点リードで折り返した試合をどう運んでいくのか。ハーフタイムにどんな指示を飛ばし、交代枠をどう使うのか。酒井宏樹とハーフナー・マイクが入って何かが変わったか。なぜ最後の1枚の投入がロスタイムなんだ? これは結果論だろうか。僕はそうは思わないよ。采配によって流れを変えるのが監督の仕事だからね。

「強豪相手の惜敗、なんていう見出しが踊るのだとすれば、1998年のフランス大会から日本は何も進歩していないことになる。ブラジルには『惜敗』なんて言葉はない。今日のイタリアは、勝ってもさんざん叩かれるだろう。日本は負けたのに、ワイドショーでバカ騒ぎする。本気で世界のトップを目指すなら、そういうのはもうやめようよ。」



【本日の読み物】
スポニチ(金子達仁):変わった選手、変わらないザック采配



* Category : サッカー
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-06-18 (Tue)
大盛り上がりのW杯予選最終日でした!

お殿様と私は、テレビでイラン対韓国戦を見ながら、裏のウズベキスタン対カタールの行方もチェック!どちらの試合も0-0で動きが無い時間帯が続きましたが、テレビ画面がピコーンという音と共に裏の経過をお知らせ。「なに?なに?どうした?」と目をやると、予想外にもカタールに先制点、、、

ツイッターの方はどうかなと、そちらもチェックしてみると、思った通り、イランとウズベクに対して日本から”大応援団”が発生していました。毎度毎度、国際試合でスポーツマンシップの無さを発揮してくれる韓国にほとほと嫌気がさした日本国民とサッカー・ファミリーの皆さんが、揃いも揃って皆でイランとウズベクに声援を送り続け、ツイッターのトレンドには、「イラン」と「ウズベク」の2つがランクイン!イランが先制点を取り、ウズベクが5点を取るなど追い上げを見せると、やんややんやの大賑わいでした。

asia_standings.jpg

そして、試合後は早々にチャンネルを変えたので、生で見逃してしまいましたが、韓国がまたやっちゃいましたね。勝っても、負けても、爽やかに終えることが出来ない、よくも毎回これほど後味悪く出来るよなあ、、、と首を傾げたくなります。

この一連の出来事は、チェ・ガンヒ監督が最初にイランを言葉で挑発。「アウェーでひどい待遇を受けた。」「ウズベキスタン、イランと競争しているが、イランがもっと憎い。ウズベキスタンと一緒に本大会に出場したい。」と言い、挙句の果てには韓国選手までがイランの主将に対して「血の涙を流させる。」と宣言。

私は、この「血の涙」という北朝鮮節を聞いて「やっぱり同じ民族なんだなぁ。」と変に感心(?)しちゃいましたが、あれだけ相手を侮辱し煽っていた癖に、結局試合に負けてしまった韓国。試合後にイランの選手が大喜びでウィニングランしていたところに韓国スタッフ2名がラリアートを食らわしたという、、、ま、ちょっとイランのキーパーが韓国サイドに深く入り過ぎたってのはあると思うけど。(笑)

話の締めは、暴行を加えた韓国が「イランが挑発してきた!」とFIFAに提訴するとか。暴行した側が?一体どうなってるんだ?と普通の人は混乱するでしょうが、「実は加害者、でも先に被害者のふりをして相手に責任転嫁する」というお得意の戦法ですね。今回いやがらせを受けたイランに同情しますが、日本なんて戦後ずっとこれをやられてますからね。本当に疲れる相手だ、、、(^_^;)

ロケットニュース:【衝撃サッカー動画】韓国陣営がイラン選手に暴行か?

試合前から韓国チーム側がイランに対して「血の涙を流させてやる」などと挑発的な発言をするなどピリピリしたムードだったが、それは試合後にまで続いていたようだ。なんと、韓国チームのスタッフが勝利に沸くイランチームの選手に暴行を加えたというのである。


中央日報:イランの非マナーに韓国協会「FIFAに報告」

大韓サッカー協会の関係者は18日、韓国-イランのワールドカップ(W杯)アジア最終予選最終戦が終わった後、「試合の監督官が(イランが挑発する)状況を目撃した。これを記録し、国際サッカー連盟(FIFA)に報告書を出す」と伝えた。

* Category : サッカー
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-06-16 (Sun)
茫然自失!∑(゚∀゚lll)ズガーン

W杯の最終予選を終え、待ちに待ったコンフェデ杯がブラジルで開催!ずっと楽しみにしていたブラジルとの開幕戦でしたが、思いっきり実力の差を見せつけられてしまいました。ブラジルのセレソンを困らせるプレイが出来るのではないかと期待しながら見始めたのですが、開始3分ネイマールにやられたところから全てが狂ってしまった感があります。日本代表も先制を食らって、完全に飲まれてしまいましたね、本当に残念。。。



スポニチ(金子達仁):ザッケローニ体制に限界が近づいてきた

ブラジルが慎重だったとしたら、日本は臆病だった。本田一人が必死になってFKをもらい、シュートを放って「俺たちにも、日本人にもできるんだ」と笛を吹いたが、こちらの仲間たちもなかなか躍ろうとはしない。黄色いユニホームが近づいてくればバックパス、というイライラするような悪循環が、前半の半ば過ぎまで続いた。それでも、孤軍奮闘する本田の姿勢は、少しずつではあれ日本の選手たちを変えていった。後半の入り方さえ間違えなければ、試合の展開はまた違ったものになっていただろう。



スポーツナビ(ザック):「日本らしくない戦い方だった」ブラジル戦後会見

今日は日本らしくない戦い方をしてしまった。理由は2つ考えられる。まず、試合開始直後に、ああいった形でゴールを決められてしまったことで(試合の)入りのところでつまずいてしまった。2つ目はカタールからのロングフライトと、この試合までの日数が短かったことで、そういった現象が起きてしまったと考える。普段の我々では考えられないようなミスがこの試合で起こってしまった。



neymar.jpg


日本の「らしさ」を全く出すことが出来ないまま、試合が終わってしまったブラジル戦。でも前を向き、勇気を持ってチャレンジする事こそが大切。そうすれば結果はどうであれ、新しい何かが見えて来るはず。頑張れ、ニッポン!次はイタリア戦。「ザッケローニ監督を男にしたい。」という長友の言葉を是非とも実現して欲しい!

スポーツナビ(宇都宮徹壱):日本代表の「勇気」が試されるとき

 思えばブラジル戦は、「バランス」を重視するあまり、結果として「勇気」がないがしろにされてしまった感が強い。明日のイタリア戦は、確かに結果が求められる試合ではある。しかし私は、それ以上に、日本代表の「勇気」を見てみたい。なぜなら、「勇気とバランス」が実現して初めて、このチームが最大限に発揮されると信じるからである。ザッケローニ監督率いる日本代表の底力が、このイタリア戦で見られることを信じたい。


* Category : サッカー
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-05-14 (Tue)
真司、スゴーイ!

今日のスポーツニュースはマンチェスター・ユナイテッドの優勝パレードをトップに持って来るところが多かったですね。サポーターの大観衆に真司コールをしてもらって、マフラーを投げ込んだり、とにかく嬉しそうな真司が見れて良かったです。優勝トロフィーをみんなで眺めているこの写真も、ルーニーだよ、ファン・ペルシーだよ、後ろにはデ・ヘアだよ。すごいメンバーだね、真司の周り。欧州に渡って3シーズンを全て優勝。そして、ブンデスリーグからプレミアリーグに舞台を移しての優勝ですから、本当に素晴らしいと思います。来季は新しい監督の元で更なる勝負!



実は、香川真司の試合を見よう!と契約したスカパーの欧州パックでしたが、やっぱり夜は眠くて見れないし、録画してもダイジェストを見てしまった後だとなかなか見れないので、残念ですが解約してしまいました。今はJリーグと若様のアニメチャンネルのみ。(^_^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ
* Category : サッカー
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-04-23 (Tue)
マンチェスター・ユナイテッド優勝!!!

前夜まで覚えていたのにまた録画予約するのを忘れてしまいました!ガッデム、、、(-_-;)

香川真司はフル出場。主審が終了の笛を吹いた時にピッチにいれたことは本当に良かったと思います。ピッチの中で優勝の瞬間を味わえるのは11人しかおらず、マンUのようなトップクラスの選手がわんさかいるクラブではなかなかその11人には入れませんからね。

いやー、真司は実力もあるが「運」もある。

shinji_20130423.jpg


ネットで見つけたこの履歴書、すごい経歴になってますよ。サッカー選手としては夢のような歩みっぷり!でも実際は、まだここからですね、真司の夢は。今季もプレミアリーグに移籍して、慣れることだけでも大変なのに膝を負傷してしまった。後半少しずつ本来の真司の姿が垣間見れるようになって、ハットトリックも決めましたが、まだまだこんなもんじゃない。残り4試合、周りとの連携を確認しながら来季につながるプレイをして欲しいと思います。

「少年よ、大志を抱け」の如く、大きく夢見て、大きく羽ばたけ。頑張れ、真司!!!

shinjikagawa_rirekisho.jpg


【今日の読み物】
キングさん:マンチェスターユナイテッドは最多の20度目のリーグ優勝
スポーツナビ:達成感なきプレミア王者の座 歓喜の後に紙面で高まる今後への期待

manu_2013.jpg


* Category : サッカー
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-03-04 (Mon)
すっかり忘れていたマンUの試合。スカパー契約したのに録画を忘れてしまいました。若様と同じく、真司も私が見ない時に大活躍するねー!

朝起きて、一番嬉しいニュースでした。


サッカーファンの方がアップして下さる動画を探して、速攻3ゴール全てをチェック!私としては、3点目の形が真司らしさに溢れていて好きでした。ファーストタッチが絶妙!本当に上手い!でもルーニーとのコンビありき。他の選手ともあんな風にかみ合うまでには、やっぱまだ時間かかるでしょうね。f^_^;)
* Category : サッカー
* Comment : (0) |
個別記事の管理2012-12-02 (Sun)
ザッケローニ監督、やりましたね!何と言うくじ運の良さ。日本はグループAに入り、ブラジル、イタリア、そして、メキシコと対戦することになりました!グッジョブ!!!d(^_^o)

ひと昔前なら、「なんでこんな死の組に入ってしまったの?」と誰もが残念がっただろうと思いますが、今は、協会も、選手も、そしてサポーターも、これだけの強豪揃いと対戦出来る事に喜びを感じている!成長してるなー、日本サッカー!

confede2013.jpg

ザッケローニ監督のように、監督としてだけではなく、人格的にも素晴らしい方に日本代表を見てもらえて、こんなにありがたい事は無いですねー。いつもお顔を見る度に感謝の気持ちが湧き出て来ます。

confedecoaches.jpg

そして、新しい公式球!カフーさんが持っているカフーサです。ブラジルっぽい色ですね。若様、このボール欲しがるかな?(*^^*)

cafusa.jpg


* Category : サッカー
* Comment : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。