08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-08-31 (Sat)
今が旬の茄子レシピにはまっています☆

・・・と言っても、食いしん坊なのに料理が苦手な私なので、レシピ本見て目で楽しんでるレベル。

この本から実際に試したレシピはまだひとつ。近くのスーパーで、朝採れたての茄子を売っているので、しばらく茄子料理を作りたいと思います。


おトク素材でCooking♪ vol.1  なすって使える!  (ORANGE PAGE BOOKS おトク素材でCooking vol)おトク素材でCooking♪ vol.1 なすって使える! (ORANGE PAGE BOOKS おトク素材でCooking vol)
(2013/07/17)
不明

商品詳細を見る


ひとつの野菜で一冊のレシピ本というのも、なかなか勉強になるし、すごく使える!d(^_^o)
スポンサーサイト
* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-08-18 (Sun)
渡邉哲也さんの新刊を買いました!

いま私が注目している言論人の中の一人、渡邉哲也さん。頭が柔らかくて、物の見方が多面的。また物腰もソフトで品があるし、いつも説明が懇切丁寧でわかりやすい!肩書きは経済評論家なので、経済の話に強いのですが、他の方面にもかなり詳しい気がします。例えばマスコミの対処法とか。チャンネル桜の討論番組にもよく出演されるので、その時は必ず見ています。結構、”大ファン”の域かも。


渡邉哲也のポジショントーク未来予測法 「経済の先行き」「世の中の動向」がなぜこれほど明確にわかるのか(Knocktheknowing) (Knock‐the‐knowing)渡邉哲也のポジショントーク未来予測法 「経済の先行き」「世の中の動向」がなぜこれほど明確にわかるのか(Knocktheknowing) (Knock‐the‐knowing)
(2013/07/30)
渡邉 哲也

商品詳細を見る


本からいくつか抜粋。

環境、国家、文化、民族によって異なってくる。当然、時代によっても「正義」を判断する価値観は大きく変化する。実際、ついこの間まで正義とされていた新自由主義などという価値観も、リーマンショックによる大きな環境変化によって、いまや世界中で否定され始めている。これが真実、正義というものの正体なのである。なぜこのような事が起こるのか。言うまでもない。正義というものを利用して、みんながポジショントークをしているからだ。それぞれの立場で自分たちの利益を追求する活動にすぎないポジショントークというものがあり、それが正義として語られているということを前提にしなくては、問題を解決することも、世界を理解することも、未来を予測することも不可能である。


なぜユニクロやイオンが消費税還元セール禁止に反対するのか?自民党はなぜ「消費税還元セール」という言葉の利用を禁ずる法律を作ったのか。それは過去の消費税増税において行われた「業者いじめ」を防ぐためである。大手の小売業者が、消費税増税分を中小の納入業者に押し付けた。仕入れ値を値切ったのである。そのうえで消費税増税分を値引きしたと称する「消費者還元セール」を行い、巨額の利益を得て来たという実態があった。

当然、こんなことをされては中小の下請け納入業者はたまらない。本来、消費税は消費者から預かった税金を、企業がすべて国に納めなければならないものだ。それを、下請け業者の負担の下にいわば着服する。しかも、消費者の味方のような顔をしてセールを行う。これが大手の小売業者のやり方だったわけだ。もちろん、小売業者が皆納入業者をいじめているわけではない。自ら消費税増税分を負担して、「消費税還元セール」を展開してきた小売業者もいるだろう。納入業者をいじめることをよしとしない良心的な小売業者は、消費税還元セールをするためには自分たちで負担をかぶって利益を失うことになる。そうなったとしても、イオン、ユニクロその他が「消費税還元セール」をしている以上、やらなければお客に逃げられてしまうということもあるだろう。ここで考えて欲しいのだが、いわば自ら血を流して消費税還元セールをやってきた小売業者が、「消費税還元セール」禁止に反対するだろうか。「消費税還元セール」禁止に強く反対するのは、「消費税還元セール」によって自らの利益を失わない小売業者、もっと言えば納入業者いじめによって莫大な利益を得てきた、これからもようとしている小売業者なのではないだろうか? ここまで説明すれば「消費税転嫁法」に反対するポジショントークの構造はもう明らかだろう。



円安・円高にまつわる企業のポジショントークの章には、イオンのプライベートブランドについても書いてありました。セブン&アイは製造者が書いてあって、ほとんど日本のメーカーなのに、イオンは製造元を明示していない。何故ならほとんどが韓国製や中国製(食品は特に注意要!)で、それを隠したいんですね。

円安で損をするのは輸入業者である。当然、円安に導く経済政策には反対する。一方、円高は彼らにとって紛れもない「正義」である。そう考えれば、民主党政権が円高を是とし続けたのは、輸入業者にとっては非常にありがたいことだったと考えられる。もちろん、その実態が輸入業者であり、ついでに言えば民主党の岡田克也最高顧問の実家であるイオンも例外ではない。



* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-08-11 (Sun)
最近ハマっている宮脇淳子さんの新刊が出ました!

私もこれまでに、『チャングム』『イ・サン』『ファン・ジニ』『太王四神記』辺りを見てますが、例えば『チャングム』は、李朝実録という史実に書かれた一文、「余の体のことは全て医女が知っている。」から54話分のストーリーに膨らませて作った作品。そこを知っている人は、最初からフィクションとして見れると思いますが、知らない人は本当にあったことだと思いこんじゃいますよね。・・・ということで、この本おすすめ。

宮脇さんは本当に頭が良くて、「嘘が大嫌い」と豪語するだけあって、とにかくハッキリしてて嫌味がない!私の中でものすごい「旬の人」だわ~。


韓流時代劇と朝鮮史の真実  朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏韓流時代劇と朝鮮史の真実 朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏
(2013/08/08)
宮脇 淳子

商品詳細を見る


後書きの「日本人がウソの歴史に騙されないために」からいくつか抜粋。

日本で責任ある地位にいる人たちが、自国民に不利益を与えることがわかっていて、あちらの言う通りに嘘を通してやり、あるいは、何にでも金を出して黙らせようとするのも、結局は相手を対等とみなしていない、差別意識の裏返しではないかと思います。それも自分の金ではなく日本国民の税金です


ところで、韓国や北朝鮮、あるいは中国が今日のような国になってしまったのは、アメリカの先見性の無さではないかと私は思っています。せっかく日本が満州と朝鮮をなんとか近代化の流れに乗せようとしていたのに、アメリカが中国の商業権益が欲しくて無理やり割って入ってきたせいで、元の木阿弥になってしまったのです。アメリカの横槍の結果、中国は結局共産化し、北朝鮮にも手を焼く羽目になっています。アメリカがもう少し賢くて、条約を守るし残虐なこともしない日本をパートナーとして大事にしていれば、今日の東アジア情勢は違うものになったでしょ。


本来ならアメリカは反省してくれなければならないのに、戦争責任も未だに日本だけに負わせています。中国や韓国が嘘ついている歴史問題でも、日本が悪くなかったことにすると、原爆まで落とした自分たちの戦争責任が明らかになるので、それを恐れて中国や韓国の肩を持ちます。


ところが、相変わらず日本人の中には、日本国民に真実をわからせないためのマインドコントロールをしている外国の手先のような人たちが大勢います。戦後の自虐史観の中で築かれた自分たちの地位を守りたい人たちが、韓国や中国あるいはアメリカに迎合して、誤った歴史観を教え続けようとしている。やはり日本人1人1人が、その事実に気が付き、史実を理解することが全ての出発点ではないでしょうか。



5分ほど宮脇節をお聞き下さい。正論!



それにしても李明博の竹島上陸、天皇陛下侮辱発言から「潮目」が完全に変わった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-07-26 (Fri)
韓国の新聞記事から「韓国」を読み解く本、「悪韓論」!

殿様もラジオで聞いて気になっていたようですが、妻はすでに入手していました。


悪韓論 (新潮新書)悪韓論 (新潮新書)
(2013/04/17)
室谷 克実

商品詳細を見る


ソウルに半年住んでいた経験から、今でも韓国紙(中央日報、朝鮮日報、東亜日報など)をよく読むのですが、今年一番「なるほどな。」と思った記事は、中央日報の「嘘つき政治家と嘘をつく国民」という「」についての統計でした。

魚と政治家の約束は三日過ぎれば腐って臭うというから、いちいち反論すべきことはない。嘘の中で最も重い嘘が裁判で相手に罪をかぶせる偽証だ。モーセの十戒で七つ目は「隣に不利な偽りの証言をするな」だ。

2010年、韓国で偽証罪で起訴された人数は日本の66倍、日本の人口が韓国より2.5倍多いことを勘案すれば165倍に達する。韓国で1年に偽証罪で処罰を受ける人数が英国で10年間処罰を受ける数字よりはるかに多い。他人にくやしい汚名をかぶせて告訴する誣告事件は日本の305倍、詐欺事件は13.6倍だ。私たちの政治家たちは嘘をつく国民を相手に嘘をつくことは罪にならないと堅く信じている。私たちの習慣的な嘘がこういう罰として返ってくるようなものだ。


誣告事件が日本の305倍!いま米国で繰り広げられている従軍慰安婦像建立の大キャンペーン。他人に悔しい汚名を被せるなんて、まさにそれ!

書評:『悪韓論』室谷克実著
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130526/bks13052609340006-n1.htm

著者の室谷さんはネットで「新・悪韓論」も書いていますが、先日アップされたアシアナ航空機事故についての話は、これまた納得の内容。何故そんなに真実から目を逸らして、嘘ばかりで塗り固めようとするのか?これはやはり、歴史的にどうしても「口」だけが頼り、嘘でも何でも言わないと自分の命すら守れない。そういう環境が長かったせいではと思います。日本に併合される前、両班(貴族階級)に虐げられていた朝鮮半島の奴隷達は特にそうだった事でしょう。

日本人にとって「歴史」は「学問」。相手を知る為にとても重要です。相手もきっと自分と同じ、と勝手に思いこみやすい日本人は危ない。ちなみに、中国人にとっての「歴史」は「政治」、韓国人にとっての「歴史」は「妄想」と言われているそうです。言い得て妙、、、

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130725/frn1307250733000-n1.htm
アシアナ機事故に見る韓国人の国民性 真実の究明より“工作”とは…

韓国のアシアナ航空機が米サンフランシスコ空港で着陸に失敗した事故から、ほぼ3週間。韓国が見せる対応戦術は、その国民性を学ぶ上で格好の材料だ。

 韓国には「交渉学」の講座を持つ大学がある。「交渉学」とはゲームの理論や心理学を応用して1970年代に米国で起こった学問だという。延世大学の交渉学教授を経て、コンサルティング会社を経営する人物が、朝鮮日報(2013年7月15日)に「NTSB(米運輸安全委員会)の“操縦士過失”論にやられないための5つの啓明」という文章を寄稿していた。なぜか、日本語サイトにはアップされなかったが、その骨格を紹介しよう。

 (1)最初のイメージが大切だから、NTSBの発表に対抗して、積極的な反論を、マスコミを通じて展開しろ。
 (2)米国民がボーイング社の欠陥機の犠牲になることもあると広報し、米国民にボーイングを「共通の敵」と認識させろ。
 (3)友好的な機関や団体と連合戦線を形成しろ。国際民間航空操縦士協会は大きな力になる。
 (4)政府は外交チャンネルを通じて対米抗議のレベルを高めろ。
 (5)次期戦闘機を売り込みたいボーイング社に対しては、韓国の反米感情を高めると損をするぞと圧力をかけろ。

 お見事、「事故原因の究明を」といった視点はどこにもない。「韓国人パイロットの操縦ミス」という結論を阻止するため、政府とマスコミ、航空機会社は挙げて対米世論工作を全力で推進しよう-というのだ。

実際のところ、韓国政府とマスコミ、アシアナ航空の対応は、この寄稿の前から、おおむね寄稿文の趣旨どおりに動いてきている。

 もはや「真実は何か」は、韓国人の公的関心事ではないのだ。

 「韓国人パイロットの操縦ミス」だったことが正しいと頭の隅で考えている人も、外に向かうや「ボーイングの機体システムの欠陥や、米国人による管制ミスを隠すため、韓国人パイロットが生贄(いけにえ)にされようとしている」と表明する。それが韓国では「正しく愛国的な言動」なのだ。

 韓国人の脳裏には、「韓国人は常に被害者」という“刷り込み”が幼稚園時代からなされている。だから、被害者ファンタジーは自然に思い浮かぶのだろう。

 慰安婦問題も同じ構図だ。「本当は戦時の売春婦だったのでは」という「真実は何なのか」の議論には、お得意「妄言だ」対応のみ。その一方で「実は性奴隷だった」「連行された20万人の6割以上は惨殺された」と、次々にデマを拡大して世界に広めている。

 まあ、そのうち「神の懲罰」が下されるだろうが…。


新・悪韓論:http://www.zakzak.co.jp/society/tokushu/society-t21665.htm




* Category : 音楽・書籍
* Comment : (2) |

* by ぐいこ
それでも韓国司法に偽証罪ってのが存在するのね。。。

ぐいこさん * by ちゃみー
偽証罪。どの程度かわからないけど、お金のない人は粛々と適用されそう。とにかく「嘘」が多い国だって事は認識してるって事だと思う。だって毎年、何倍だって記事にしてるもん。改善の兆しは見られないようだけどさwww

個別記事の管理2013-07-14 (Sun)
週末に話題の本を2冊買いました。

チャンネル桜によく出ている宮脇淳子さんと、彼女のご主人の本をまとめて購入。今週の通勤時にじっくり読もうと思っています。下の動画は全編、とても面白くて勉強になるのでおすすめですが、特に動画の16分55秒から。宮脇さんの言う本当の「日中友好」について聞いた時、「わが意を得たり!」でした。

宮脇淳子:
本当の事を知りましょう。日本人が本当の事を言うことが実は中国人民の為になって、これが私は本当の「日中友好」だと思います。日本人は、こう、身の危険が無いわけですよ。でも中国は言ったら身の危険があるから、みんな言えないわけでしょ?日本人こそが本当に安全なんだから、真理と真実を追求して、本当の事を言うべきですよ。






読む年表 中国の歴史読む年表 中国の歴史
(2012/02/24)
岡田 英弘

商品詳細を見る

「中国五千年」のウソ。
2200年間、「中国」という国家は存在しなかった!


中国人という種族はなく、漢人は3世紀に絶滅した。異種族王朝が興亡しただけの中国の歴史には、古代から変化も発展もない。日清戦争をきっかけに中国は日本文化圏に入った。中華人民共和国は「盗賊団」による共産党の王朝である。東洋史・世界史を巨視的な視点からみる独創的な「岡田史観」による、つくられた中国観を覆す真実の通史。




真実の中国史【1840-1949】真実の中国史【1840-1949】
(2011/10/22)
宮脇淳子

商品詳細を見る

歴史とは勝者によってつくられる。毛沢東によって書き換えられた歴史を鵜呑みにしてきた日本人に、まったく違っていたウソの中国史を暴く。15年前、「教科書が教えない歴史」がベストセラーになった。これまでの日本人の自虐史観に対してストレートにぶつけた内容が、日本人の誇りを喚起させた。しかし、こうした自虐史観は今もなお健在で、特に中国に対しては中国の歴史を習ったまま信じている日本人が多い。これも岩波などの中国史の本が左翼連中によって書かれているからである。実は中国史は中華人民共和国の正当性を維持するために作り上げられた歴史である。その真実の中国現代史を、新進気鋭の歴史研究家・宮脇淳子氏に分かり易く語り下ろしで解説していただくとともに、同席している権威・岡田英弘氏の監修のもとで暴いていく。現在、中国の強硬策に押されっぱなしの日本に、真実の歴史を伝え、中国の本当の姿をさらします。


* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-04-11 (Thu)
日本は「スパイ天国」と言われています。

国を守る為に必要な、「スパイ防止法」が日本に無い!ことが痛過ぎ。どうして無いのだろうと不思議に思って調べてみたら、やっぱり、80年代に”日本社会党・公明党・民社党・日本共産党・社会民主連合+マスコミ”の左翼集団に阻まれてました。

この「スパイ防止法」が成立したら、左翼組織は自分たちが思うように動けなくなってしまうので、きっと必死に阻止したのでしょう。でも今は、国民がその正体に気づいている、「スパイ防止法」への世論も高まっている、そして、首相官邸サイトに嘆願メッセージが多数書き込まれている、そんなご時勢。。。

スパイを防ぐ法制の必要性は、自民党内において1980年代前半から活発に議論されるようになり、当時の内閣の元でその気運が高まった。しかし本法案が一般国民の権利制限に直結する法律であることや報道の自由が侵害されることに対する懸念から、大多数のマスメディアが反対に回った。そのため、政府は内閣法案として提出することを断念したものの、通常国会の閉会を間近に控えた1985年6月6日に伊藤宗一郎ら10名が衆議院に議員立法として法案を提出した。これに対し、当時の野党(日本社会党・公明党・民社党・日本共産党・社会民主連合他)は断固反対を主張。法案は継続審議となるが、10月に開会した第103臨時国会でも野党は徹底して審議拒否を貫き、12月21日の閉会に伴い廃案となった。



鳴霞さんの新しい著書「あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ」が4月6日に発売されたので、早速アマゾンでチェックしていたら、カスタマーレビューで見つけたこの文章があまりにも的を得ていて可笑しくて、笑いながら頷いてしまいました。「易々とハニートラップにかかる日本人の男に対する(著者の)義憤があるのだろう。」 橋本龍太郎もハニートラップに引っかかって失脚しましたし。でも、日本人だけじゃないですね。最近はアメリカでも、機密事項を漏らして逮捕された陸軍元士官がいました。異性からの甘い言葉に弱い方は特に気を付けましょう。

あなたのすぐ隣にいる中国のスパイあなたのすぐ隣にいる中国のスパイ
(2013/04/06)
鳴霞、千代田情報研究会 他

商品詳細を見る


第2部 インテリジェンスなき国(2) 李春光・中国元書記官スパイ疑惑「捜査は見送ったんだ」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130204/crm13020407070002-n1.htm

chinaspy_lee.jpg


TPP交渉に前向きだった野田政権を牽制(けんせい)し、中国に有利な方向に誘導する工作が行われていたことは想像に難くない。中国のインテリジェンスは、ロシアや欧米のように金銭や脅しで情報収集するのではなく、目的を悟らせずに緊密な人間関係を構築、知らず知らずに、日本の政策や世論を中国の国益に沿うようねじ曲げ、中国の政策の浸透を図るのが特徴とされる。


第2部 インテリジェンスなき国(3)人海戦術で諜報 危うい尖閣

中国の諜報関係者が研究者や記者を装い、大学や企業の研究機関、メディアなどに紛れ込んで日本で活動することは多いとされる。その中には、日本警察が監視する外交官の身分で活動し、摘発された李春光・元在日中国大使館1等書記官に比べ格段に高いレベルのスパイがいるという。関係者によると、李元書記官の所属先とされる中国人民解放軍総参謀部第2部の大佐が、ジャーナリストの肩書で活動。警察もマークしているが、訓練を受けたプロであり、揚げ足を取られる行為をしないため、手出しできないという。そうしたプロの工作員の情報網を形づくる周辺者は大勢いる。中国の情報機関が人海戦術を使うことはよく知られている。「国の目と耳と鼻になれ」。仕事や留学で中国人が出国する前、研修と称して集められ、こう指示されたり、出国後は定期的に情報部門に報告を求められる場合もある。



ハニートラップか 米陸軍元士官、軍事機密を中国人女性に漏洩
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130322/amr13032223100005-n1.htm

Bishop.jpg


軍事最高機密の入手が可能だった米陸軍の元士官(59)が核兵器などの情報を30歳以上も離れた中国人の恋人の女性(27)に漏らしていたとして、司法省に国防機密漏洩罪などで訴追される事件があった。CNNテレビ(電子版)などによると、女性にスパイ罪は適用されていないが、機密情報を目当てに元士官に接触していた可能性もあり、色仕掛けの「ハニートラップ」だったとの見方が浮上している。



自衛隊員配偶者、外国籍800人で中国人600人
http://m.news-postseven.com/archives/20130409_181232.html

国内 どんな伴侶を選び、結婚するかはもちろん個人の自由である。 これは人間の基本的人権であり、多くの国で憲法によって保障されているものだ。 だが、国家の機密を扱う立場にある人間となれば、一定の制約を受けることもある。 例えば米軍では外国人と結婚するには上官の許諾が必要で、国務省では90日前までに届け出するように規定している。 中国では国家機密を扱う可能性のある軍人は、原則的に旧西側の外国人との結婚が禁止されている。 結婚の自由は当然なれど、それが、国家の安全に関わる場合は、各国がそれぞれのやり方で、制限しているのだ。

さて、ここにショッキングな数字がある。日本の自衛隊では、毎年行う身上調査で、配偶者の国籍を問うているが、最新の調査では、 陸上自衛隊14 万人中約500人、海上自衛隊4万2000人中約200人、 航空自衛隊4万3000人中約100人の計800人が外国人の配偶者を持つという結果がでているという。 また、その7割にあたる約600人が中国人で、ほかフィリピンや韓国出身者などが上位を占めるという。



京の留学生に永住権を 府が「大学生特区」提案へ
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20130410000147

京都府の山田啓二知事は10日、京都の大学を卒業した留学生に対し、永住権が申請できる資格を付与するなどの支援策を盛り込んだ「京都大学生特区」を国に提案する方針を明らかにした。


留学生112人を除籍 山口福祉文化大 70人所在不明
http://www.asahi.com/national/update/0914/SEB201209140006.html

山口福祉文化大(山口県萩市)が昨年度以降、東京都墨田区のサテライト教室に通う留学生112人を授業料の未納などの理由で除籍にしたことが、東京入国管理局などへの取材でわかった。うち約70人が所在不明となっている。東京入管は今年2月、不法就労などにつながる恐れがあるとして大学に対し、除籍した学生には帰国を促すことなどを求めた。


* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-04-08 (Mon)
先々月、西村さんの動画を見ていて「国難の正体」という本を知りました。

国難の正体――日本が生き残るための「世界史」国難の正体――日本が生き残るための「世界史」
(2012/12/25)
馬渕睦夫
商品詳細を見る


著者の馬淵さんは話しぶりから穏やかな感じの方という印象です。本を読む前に動く著者を見たというパターンは初めてかも。こういう人が書いた本なんだ、と理解した上で読み進めるというのがちょっと新鮮でした。本の内容としては、自分の中でいろいろ「どうしてだろうな?」と疑問を持っていた事について多く語られていたので、とても興味深かったです。動画の中でも言われてますが、「目から鱗」。特に、アメリカの中央銀行が民間の銀行で、アメリカはドルを刷る度にコストがかかっている、アメリカ国民は利子を払うことになる、これは知りませんでした。文中にはこうあります。

『自分の国の通貨を印刷するのに、アメリカ政府は連邦準備銀行の株主である民間銀行に借金をし、利子を払うのです。アメリカ政府が財政赤字に陥る仕組みはここにあるのです。言い換えれば、アメリカの通貨ドルは、アメリカ政府の負債によって創造されるのです。政府の負債が金を生むというのが、現代世界の錬金術なのです。まさに「はじめに負債ありき」です。』

日本銀行も民間銀行だそうですが、過半数の株は政府が保有しているところが違うようです。ホッ!

対談スペシャル:『国難の正体』を読み解く
元ウクライナ大使、馬淵睦夫さんと、日本が生き残るための世界史を語る。



第一章:戦後「世界史」の正体
  • 冷戦は八百長だった
  • 中華人民共和国の謎
  • 朝鮮戦争の謎
  • ベトナム戦争の謎
  • 湾岸戦争の謎、他
第二章:超大国「アメリカ」の正体
  • アメリカの世界侵略は誰が決めているのか
  • イギリス金融資本の軍門に下ったアメリカ
  • アメリカの大富豪は「共産主義者」である
  • 「アメリカ人」のいないアメリカ、他
第三章:日本「国難」の正体
  • アメリカは占領時代に日本に何をしたか
  • 冷戦終了後、日本がアメリカの「仮想敵国」になった
  • 現在進行中のアイデンティティ破壊工作、他
第四章:明日の日本の生きる道
  • 日本型民主政治の再生
  • 日本外交の新境地
  • グローバリズムを阻止する方法、他


馬淵睦夫(まぶち・むつお)
昭和21年(1946)京都生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試­験に合格、外務省入省。入省後ケンブリッジ大学経済学部卒業、外務省文化交流部文化第­一課長などを歴任。EC日本政府代表部、イスラエル大使館、タイ大使館の勤務後、駐キ­ューバ大使、駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て外務省退官。防衛大学教授に就任、平成­23年同教授を定年退職。著書に『いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力』がある。


* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
個別記事の管理2012-12-28 (Fri)
今年、私から若様へのクリスマスプレゼントはこれでした。「こども武士道」!!

本人の欲しいものはサンタさんがくれるので、私は親として若様の人生に役立つものを贈るよう心掛けています。日本男児なら「武士道」を学ぶのは当たり前。子供向けにまとめられていますが、大人の私でも考えさせられる事がたくさんありそうで一緒に読むのが楽しみでした。そして、昨日、最初の「義」のページから読み始めたところです。読み終わったら追記に感想を書きたいと思います。

こども武士道 大切な教えの巻こども武士道 大切な教えの巻
(2010/07/08)
高橋 和の助、大垣 友紀惠 他

商品詳細を見る


* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
個別記事の管理2012-11-27 (Tue)
古事記を読むぞ!と意気込んだ私ですが、まず若様を誘って子供用の本から始める事にしました。そこで挿絵の入った「日本の神話」を購入。早速、寝る前の読み聞かせに一話読んでみたのですが、、、

決定版 心をそだてる 松谷みよ子の日本の神話 (決定版101シリーズ)決定版 心をそだてる 松谷みよ子の日本の神話 (決定版101シリーズ)
(2010/10/21)
松谷 みよ子

商品詳細を見る


子供向けになっているとはいえ、神話独特の雰囲気に気圧されたのか、臆病者の若様はかなり引き気味で、布団をかぶりながら恐る恐る聞くという感じでした。ところが、一話目の終わりに差し掛かったら、次の話が気になるのか二話目も読んでくれとご所望。怖くなったのか、その後寝付くのに少し時間がかかりましたが、古事記のつかみはオッケー!だったようです。σ(^_^;)

そう言えば、大人向けの本には、国生みの段落に「私の体もすでにできあがっているが、一カ所だけ何か余って、出っ張っているところがある。私の出っ張っているものを、あなたのくぼんでいる穴に挿し入れて、塞いで、国を生もうと思う」という赤裸々な表現があったので、子供向けはどうなるのだろうと気になってましたが、ちゃんと遠まわしの表現でした。(笑)

こちらの絵本「にほんたんじょう」も是非一度読んでみたい。この表紙の絵が雰囲気あって魅かれます。

にほんたんじょう (復刊・日本の名作絵本)にほんたんじょう (復刊・日本の名作絵本)
(2002/04/10)
岸田 衿子

商品詳細を見る


* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
個別記事の管理2012-11-26 (Mon)
初代:神武天皇から数えると、今年は 皇紀2672年 になるそうです。

さて、今回買った本は、旧皇族竹田家に生まれ、明治天皇の玄孫にあたる竹田恒泰さんの著書「日本人はなぜ日本のことを知らないのか」です。

自分の国がいつできたのか答えられますか?

学校が教えてくれない「世界最古の国」の奇跡を、明治天皇の玄孫にして、ベストセラー『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)の著者が、強い信念をもって語った意欲作。巻末の「子供に読ませたい建国の教科書」では、「日本ってすごい!」という思いが自然と湧いてきます。【内容】「建国記念の日はなぜ二月十一日なのか」「日本はいつどのようにできたのか」――世界中の国民が知っている自分の国の成り立ちを、日本人の多くは答えられない。初代天皇の存在は伏せられ、『古事記』『日本書紀』は非科学的として封印される。何より、日本が現存する世界最古の国家である事実を学校は教えてくれない。まるで誇りを持たせたくないかのような歪んだ歴史教育。戦争もなく統一を果たし、中国から独立を守り抜いた奇跡の歩みを紐解こう。



日本人はなぜ日本のことを知らないのか (PHP新書)日本人はなぜ日本のことを知らないのか (PHP新書)
(2011/09/16)
竹田 恒泰

商品詳細を見る


例にもれず、私も中学・高校と6年間歴史の勉強をしてます。日本特有の暗記中心の進め方にすっかりやる気を失った生徒だったからか、あまり深く考えもしませんでしたが、こうして対照年表(画像をクリックすると大きくなります。)の形で見ると日本だけちょっと違いますね。他の国は新しい王朝になると”国号”が変わってますが、日本だけ「○○時代」というように時代名になっていて、天皇家はずっと続いています。「万世一系(ばんせいいっけい)」が、世界的にどれほど稀有なものなのか、その大事な日本の歴史を、どうして子供たちにもっと日本人としての視点から教えないのか、日本の歴史教育には本当に疑問ばかりです。o(`ω´ )o

この本を読むと、聖徳太子や遣隋使といったよく知られた名称が、不思議とより立体的に浮かび上がり、「あぁ、そういう事があったのか。」と、人物に存在感を感じる事が出来ました。途中ちょっと難しくて気が遠くもなりましたけど。(>_<) 

世界史対照年表


次は「古事記」を読んでみようと思っています。


今回の本は紀伊国屋のKinoppyで購入した電子書籍です。kinoppy.jpg最初はマーカーでハイライトする方法もわからず、カスタマーセンターに問い合わせたところ、「ビューアの使い方」という貴重なリンクを送ってもらえましたのでシェアしまーす。このリンクのおかげで今ではバッチリ!読みながら自分が気に入った個所や、後で読み返したい段落にはすぐにマーカーを付けれて本当に便利です。一緒にメモも保存出来るので、読んだその時に思った自分の感想も簡単に残せちゃいます。まだ著者や出版社の都合で電子書籍になっていない本がほとんどですが、あまりにも便利なので少しずつ提供数が増えて行けば嬉しいなと思います。

* Category : 音楽・書籍
* Comment : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。